TSUBAKI WORKS✒︎

主に【OTOTOY / - Kyo -】での活動の記録

俺的ベストアルバム2016

2016年、見返すとこんなに良作多かったかという感じだ。思い出してないものもあると思う。ボンイヴェールとかデヴィッドボウイとか年暮れにはかなりの雑誌がフィーチャーしていたなぁ。ってことで、贔屓目の評価入れた上での僕なりのランキングをパッと!!

 

  

 

 

 

 

10. The 1975

『‪I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It‬』

youtu.be

The 1975の2枚目となるオリジナル•アルバム。多少贔屓目入ってるかも。前作が良すぎた。邦題も原題そのものも超ダサいけど、曲は本当にいい。艶のあるカッティングはここ数年リバイバルで盛り上がってるブギーファンクで飽きるほど聴いてるけど、彼らのロックからは白人テクノっぽいクラブサウンドが聴き取れて新鮮だった。出てきたときはThe Stone Rosesが引き出されて語られることが多かったけど、僕としてはPhoenixが近いと思ってる。リード曲「The Sound」は特に必聴。

 Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B0197E75PW/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_FFrOyb75DV4W0 

 

 

 

 

 

 

 

 

9. Bruno Mars『24K Magic』

youtu.be

全9曲収録、計34分。アルバム作品として聴きやすい1枚。

ミニアルバムとフルアルバムの線引きについての議論は絶えないけれど、ブルーノ・マーズがベストな裁量の"フルアルバム"を提示したと僕は受け取った。内容としてはディスコファンクリバイバル。JBオマージュ「Perm」も最高。

Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B01LYRM74T/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_TGrOybE215MX2 

 

 

 

 

 

 

8. Primal Scream 『Chaosmosis』

youtu.be

 

Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B019S5YIFK/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_IHrOybKB522X5 

 

 

 

 

 

 

 

 

7. サニーデイ・サービス『DANCE TO YOU』

youtu.be

「今の若手ソフトロック・バンドはだいたい彼らのオマージュバンド」と言っても過言ではないくらいインディーズ市場に影響を与え続けるサニーデイ・サービス。しかし、後継者たちがずっと歴史的名盤『東京』のサニーデイを追う中、当のサニーデイは"新しいサニーデイ"を打ち出した。それがこの新たな名盤『DANCE TO YOU』。僕は特に「苺畑でつかまえて」を推したい。

(OTOTOY : http://ototoy.jp/_/default/p/64957)

 

ototoy.jp

 

 

 

 

 

 

 

6. Tycho 『EPOCH』

youtu.be

ティコはインストのエレクトロ・バンド。聴いたな〜〜〜〜〜!

本当は一番コメント書きたいくらい。ずるずる考えてたら出てこん!

 

(OTOTOY : Tycho / Epoch - OTOTOY)

 

 

 

5. Anderson Paak. 『Malibu』

youtu.be

偏差値が高い音楽にコメントをつけることはとてもおこがましいので控えたいが、ネオソウルなトラックにラップをリンクさせるのってかなり技術がいるのではないだろうか。あんなに重い横揺れのサウンドを助長するようなラップに心惹かれた。来日単独公演はおいなり兄貴の助けもあってなんとか入場し、彼らの音楽に直接触れることができた。聴きやすい。

 

 

4. Blood Orange 『Freetown Sound』(※リンク曲は0:40から)

youtu.be

年末に知って聴いた。ジャケットを見る感じ、hip-hopかなんかかなって思ったらリバーブが超かかった流麗なR&Bだった。

ケンドリック・ラマー『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』のように、ディアンジェロ『ブラック・メサイア』のように、あるいはビヨンセ『レモネード』のように……ブラック・カルチャーにまつわる時代を象徴するアルバムになってしまった。 (〜中略〜) 自然と「自分はどこから来たのか?」というルーツの問題に取り組むこととなり、前作『キューピッド・デラックス』では母の出身地であるギニアに赴いていたが、本作でもそのテーマを深めようとしている。根本的にはパーソナルなアルバムである。...》

 

詳しいことはele-kingでレヴューがあるのでそちらを参照。面白いから気になった人は読んでほしい。おすすめは「best to you」。正直、めちゃめちゃ心地いい。聴きやすい。俺的にはポップスだ。このアルバムを機に、たくさん彼の音楽を聴いてます!

 

www.ele-king.net

 

Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/B01GSLL0SK/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_tIrOybYJAJ5HG 

 

 

 

3. 蓮沼執太 『メロディーズ』

youtu.be

2016年1月に出たこのアルバムは1年経っても色褪せることなかったなあ。

 Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/B018RA8UOC/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_.IrOybG9BF05C 

 

 

 

 

2. in the blue shirt『Sensation of Bluness』

youtu.be

TREKKIE TRAXからリリースされた新作。現役京大院生。ゼミにこもりながらこんなにポップなフューチャー・ベースを作ってるかと思うと文系でバカな僕は一生頭が上がらない。Carpainterに並んで大衆層に深くリーチし得るトラックメイカーだと思う。彼らがクラブ・ミュージックへのイメージを変えていってほしい。

OTOTOY : in the blue shirt / Sensation Of Blueness - OTOTOY

 

 

 

 

 

 

1. D.A.N.『D.A.N.』

youtu.be

言うまでもなく2016年はD.A.N.が一番だった。ベースミュージックを基調としながら、構成は楽器バンド、歌詞は日本語、歌はファルセット。悪い人たちが作るベース・ミュージックと、キリンジに代表される日本のソフトロックなど諸々をミックスさせた斬新なサウンドと「日本語でやること」が多くの評価を受けた。

2017年のフジロック出演アーティスト・ラインナップ第1弾が 解禁された。今回のメンツはD.A.N.やyahyelなどのアンビエントエレクトロニカ・ベース・ロックというワードをキーにするメンツが多いように思う。要は彼らのルーツが並んでるわけで。昨年も出演していたけど、今年もラインナップに顔を並べてほしいなあ。

(OTOTOY : D.A.N. / D.A.N.(24bit/88.2kHz) - OTOTOY)

 

ototoy.jp

 

 

 

ちなみに候補には、水曜日のカンパネラ、RYUTistsora tob sakanaとか、ありました。めっちゃありました。

 

はい!!!グラミー賞楽しみましょう!!!